【ドラクエ10】虹色のオーブ完全攻略ガイド 2.準備編

虹色のオーブ完全攻略ガイド 2.準備編ドラクエ10

はいどーも、ドラクエ10を全力で楽しんでいる、とまほーく(@tomahawkch)です!

今回は道具職人の中でも人気の高い、虹色のオーブ金策について、完全攻略ガイドを講座形式で作成しました!全5回中のその2です。

動画バージョンはyoutubeにもアップしていますので、動画で見たい方はそちらも参考にしてみてください。

その2 準備編(ハンマーの特性、素材の買い方について)
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

虹色のオーブで使う鍛冶ハンマーの特性

今回は完全攻略ガイドその2として、準備編をお届けいたします。
虹色のオーブがどんな商材が知らないよ、という方は、前回の記事、その1.知識編からチェックすることをオススメします。

ハンマーは2種類

虹色のオーブ作りで使うハンマーは、奇跡の鍛冶ハンマーか、光の鍛冶ハンマーの2択です。

それぞれ特性が違っていますので、まずそれを知りましょう。

1.奇跡の鍛冶ハンマー
開幕で集中力が30上がることがある。☆3で会心率4.9%
2.光の鍛冶ハンマー
開幕で必殺が発生することがある。☆3で会心率5.2%

どっちのハンマーが良い?

どちらも良いところがあって、どちらを使うのか悩ましいところなのですが、私の結論は、

レベル低いうちは奇跡の鍛冶ハンマー☆3を使う、です。

光の鍛冶ハンマーは確かに会心率もちょっと高くて、開幕必殺という勝ち戦を運んできてくれるのですが、実際に1ハンマー30回のうち、開幕必殺が何回あるかというと、多くて3~4回くらいなんですね。

30回やって2回しか開幕必殺が来ない、なんてこともあります。

実際に私も両方試しましたが、レベルが低いうちは奇跡の方が俄然安定してました。
レベルが低い場合、必殺が確定することより、集中力が上がる方が頻度的にも恩恵が大きかったということです。

ですので結論、レベルが低いうちは奇跡の鍛冶ハンマー☆3、レベルが上がって素のままで集中力が足りるようになってきたら、更なる成功率を目指して、光の鍛冶ハンマー☆3に乗り換えるのがいいかなと個人的には思います。

虹色のオーブの素材の買い方について

一番楽かつ早いのは、旅人バザーでオーブをまとめ買いしてしまうことです。

MAXの単価(1個いくらまで)というのを決めておいて、その単価以下で99個売りがあればそれを無心で買っていく、というのが早いと思います。

もちろんモーモンバザーで探したりして、もっと安く買うということもできなくはないのですが、ぶっちゃけここに関してはそこまでこだわらなくても良いかなとも思ってます。

というのは、99個買うときに単価が100G違っても約1万Gの差しか生まないんですよね。
もしオーブ5色で1万円の差が発生したとして、5万G程度の差なので、大成功1回で元が取れます。
虹色のオーブの素材の価格差

虹色のオーブの魅力の1つに回転率の高さというのがありまして、躍起になって素材を5万安く買うよりも、さっさと素材を買って、1回でも多く、大成功を出して、高いうちに売る、という方が効率が良く、時給としては高くなります。

もちろん、慣れるまでは、時間をかけて素材を吟味するというのが感覚を身に着けるうえでも意味があることなので、最初は、家計簿のように、ちゃんと収支表を付けながらしっかりと損益を見比べていくと良いと思います。

慣れてきたら、高速でバンバン作って回転率を上げていくことを意識していきましょう!
虹色のオーブの魅力

収支表について

ここからは参考ですが、私が使っている収支表をサンプルとして公開します。
虹色のオーブの収支表

グーグルスプレッドシートを使っています。
難しい関数もありませんし、誰でも無料で作成できますので、もし収支表を作ってみたいという方がいれば、記事へのコメントや私のtwitter(@tomahawk)まで是非お尋ねください。

まとめ

今回は、虹色のオーブ完全攻略ガイドその2となる、準備編をお届けしました。

もし、この記事を読んで、虹色のオーブ金策に興味を持った方は、是非、虹色のオーブ完全攻略ガイドの続きの記事も見て行って、私とまほーく流のオーブの打ち方をマスターしていただければと思います。

次の記事は以下のリンクから↓

とまほーく
とまほーく

youtubeのチャンネル登録、twitterのフォローもよろしくね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました